ブログ・お知らせ

たなか眼科 トップページ  > お知らせ・ブログ

  • 涙が流れる 出る 止まらない、は流涙症の症状です

    涙が溢れる、潤む、涙目、目やに、は流涙症の症状です。いつも瞼を拭いてばかりいるのでハンカチが手放せません。最近は目の周りが痒くて真っ赤になって見苦しくて困っていますという患者さんが増えてきました。20年30年も我慢していた患者さんが来院されます。直ぐに涙道専用CTで涙囊造影をする…

     | 2018年1月29日 | お知らせ | 

  • 涙が流れる 出る 止まらない 涙目

    涙が流れる 出る 止まらない 涙目、という症状が20年続いていると、たなか眼科医院を紹介され初診されました。早速眼科専用CTで涙囊造影検査をすると、涙袋=涙囊が膨れて腫れあがり、涙道の鼻涙管が閉塞してしまっているのが一目瞭然でした。ご説明をし、納得頂きましたにで、ひどくなる前に手…

     |  | お知らせ | 

  • 涙目 涙が詰まる お顔に傷を入れない鼻内法

    しょっちゅう涙がうるむ、涙目、涙が詰まる、ハンカチが手放せない、接客業なので化粧が落ちてしまう、目の周りが赤くなってヒリヒリ痛い、と訴えて来院される流涙症の患者さんが増えています。そういった患者さんの中にはまぶた、まつげ、黒まなこ、白まなこの病気以外の鼻涙管閉塞症、鼻涙管狭窄症が…

     | 2017年12月17日 | お知らせ | 

  • 涙があふれる、溢れる

    涙があふれる、溢れる と熊本市南区の女性が来院されました。10年間あちこちの眼科を受診されましたが、点眼を注していたがナカナカ治らないとの事でした。『涙があふれる、溢れる』の症状はまつげ、まぶた、角膜の病気、結膜の病気、等々でも起こりますが、それ以外には涙の排水路のどこかが通りが…

     | 2017年12月16日 | お知らせ | 

  • 涙目 流涙症に日帰り鼻内法が簡単に行なわれます。

    涙目 流涙症には、日帰り鼻内法が簡単に行なわれます。 先日、熊本県八代市から来院された60才台のご婦人ですが、約10年前からの流涙症に悩まれていらっしゃいました。あちこちの眼科を転々となさってアレコレ点眼を注してきたが全然治るどころか酷く成って来たと、ネットを見て当院初診さ…

     | 2017年12月12日 | お知らせ | 

  • 当院は流涙症の専門病院です。お顔に傷を入れません。日帰りです。

    当院は当院は流涙症の専門病院です。お顔に傷を入れません。日帰りです。局所麻酔で手術を行います。手術名は涙嚢鼻腔吻合術の鼻内法です。 お顔を切りませんから、当然、お顔に傷あとが残りません。 今まで詳しく書いて来ましたので、ブログをお読みくださいます様お願い致します。…

     | 2017年12月9日 | お知らせ | 

  • 涙目 お顔を切る鼻外法は『心にも傷が入ります』。お顔に傷が入らないのは鼻内法です。

    涙目にお顔を切る鼻外法は『心にも傷が入ります』。お顔に傷が入らないのは鼻内法です。 当院は約16年前から顔に傷の入らない涙嚢鼻腔吻合術の鼻内法を全例に行なっています。しかも、『日帰り』『局所麻酔』です。 皮膚、皮下組織、脂肪組織、筋肉、筋膜、をザックリと切開する鼻外法…

     |  | お知らせ | 

  • 涙道閉塞の鼻涙管閉塞症には涙嚢鼻腔吻合術鼻内法が最先端の治療です。

    涙道閉塞の鼻涙管閉塞症には涙嚢鼻腔吻合術鼻内法が最先端の治療です。 涙の流れが悪く成ると、涙があふれる、涙がこぼれる、涙がながれる、涙がでる、涙がにじむ、といった症状がでてきます。これらを総称して流涙症と言います。 涙の流れのどこがどの様に、どの程度悪いのかを調べるには、涙囊…

     |  | お知らせ | 

  • 涙目、目から涙がでる、と流涙症で来院されました。

    涙目、目から涙がでる、と来院されました。久留米市からの患者さんでした。七年前からの流涙症でした。前もってお電話を頂いていましたから、受診日を決めて来院されたのです。涙管通水検査で直ぐに鼻涙管閉塞症を疑い、Cone CTを用いて涙囊造影を行いましたら、涙囊は大きく腫れ上がり慢性涙囊…

     | 2017年12月8日 | お知らせ | 

  • 涙目 涙がこぼれると悩んで来院される患者さんが増えています。

    涙目 涙がこぼれると悩んで来院される患者さんが増えています。 普段から涙をこぼれて拭く回数が増えてきたとか、友人と楽しいお話をしているのに自分だけハンカチで涙を拭ってばかりで会話に集中できない、楽しく皆んなで笑っているのにどうして貴方は泣いているの?と聞かれる、と悩んでいる方が…

     | 2017年11月20日 | お知らせ |