ブログ・お知らせ

たなか眼科 トップページ  > お知らせ・ブログ

  • 涙が溢れる、潤む、涙目、目やに、は流涙症の症状

    涙が溢れる、潤む、涙目、目やに、は流涙症の症状です。いつも瞼を拭いてばかりいるのでハンカチが手放せません。最近は目の周りが痒くて真っ赤になって見苦しくて困っていますという患者さんが増えてきました。20年30年も我慢していた患者さんが来院されます。直ぐに涙道専用CTで涙囊造影をする…
  •  | 2017年3月14日 | 受診された患者さん | 

  • 涙がこぼれる、涙がうるむ。お顔には傷跡は全く残りません。

    涙目、涙がこぼれる、涙がうるむ、という症状が20年続いていると、たなか眼科医院を紹介され初診されました。早速眼科専用CTで涙囊造影検査をすると、涙袋=涙囊が膨れて腫れあがり、涙道の鼻涙管が閉塞してしまっているのが一目瞭然でした。ご説明をし、納得頂きましたにで、ひどくなる前に手術を…
  •  | 2017年3月13日 | お知らせ | 

  • 流涙症に15年前から、日帰り、局所麻酔で鼻内法を

    流涙症の患者さんの中で、鼻涙管閉塞症と診断された方は、昔から目頭を2、5〜3、0mm切開して涙の袋と鼻の空洞にバイパスを作る手術 鼻『外』法を行なっていましたが、顔に傷が残り、結果的には心にも傷を残し外出もしたく無くなる女性の方々が沢山いらっしゃるとお聞きしております。 そ…
  •  | 2017年3月6日 | お知らせ | 

  • 涙囊造影用CTが活躍中

    涙嚢鼻腔吻合術 鼻『内』法を始めて15年に成りましした。 涙目、涙がうるむ、涙がこぼれる、目やにがずっと続く等々の症状で来院される流涙症の中の患者さんで、涙の流れが悪くなった方は、涙道閉塞症かもしれません。来院される患者さんの中で涙道閉塞症が疑われる方は涙囊造影用CTを撮る…
  •  |  | お知らせ 院長コラム | 

  • 生後2ヶ月の目やにと涙目の赤ちゃん

    1/中旬に熊本市内在住で生後2ヶ月の赤ちゃんが初診で来院されました。『この1ヶ月前からの目やが右側からだけ出る』との事でした。 診察すると右側だけが目やにも出ていましたが、とても涙が潤んでいました。涙道に生理食塩水を流しましたら汚い濁った液が全て逆流して来ましたので、先天性…
  •  | 2017年3月5日 | 受診された患者さん | 

  • 20年程前からずっと涙目で困っていた患者さんが来院されました。

    今日40km離れた熊本市内から涙目の患者さんが初診されました。この患者さんは20年程前からずっと困っていて熊本市内の大きな病院で治療されていましたが症状の改善無く半分諦めていたそうですがたまたま友人が当院の話を聞いてきて本日来院されました。目の周りは赤く腫れ上がり目やにと涙目が酷…
  •  | 2017年3月3日 | 院長コラム | 

  • HP開設しました。宜しくお願い致します。。

    全国の皆さん、初めまして。 たなか眼科医院の院長 田中謙剛です。 平成元年6月にに開業し、もう直ぐ満29年になります。 今年新たにHPを開設することになりました。 今年も昨年以上に進化して行きたいと思います。 宜しくお願い致します。…
  •  | 2017年3月1日 | お知らせ | 

  • 涙がでる、涙で湿る、涙っぽい、目尻がただれる、涙がこぼれる、涙がうるむ、涙が止まらない、

    涙がでる、涙で湿る、涙っぽい、目尻がただれる、涙がこぼれる、涙がうるむ、涙が止まらない、の患者さんが悩みを抱えて困っているのを以前から診てきました。私は開業以前からこの様な患者さんに少しでも力になれる様に研鑽を積んで来ました。 この様な症状を『流涙症』と言いますが、昔から『目が…
  •  |  | お知らせ 院長コラム | 

2 / 212